母の日、日本における由来

母の日の由来は、アメリカにおいては、前述のように20世紀初頭にさかのぼります。
日本においては、アメリカの習慣を受け入れるかたちで展開されました。

日本において、実は明治末期ごろには既に母の日に相当する行事があったとも言われてます。
ですが、母の日が、本格的に全国に広まり始めたのは、大正時代の頃からのようです。

母の日は、大正時代に当時の青山学院の教授・アレクサンダー女史によって紹介されました。
1915年(大正4年)に教会で、母の日を祝う行事が始められ、その後、キリスト教関係の団体が中心になって、母の日は一般にも少しずつ広まっていったようです。

昭和初期から戦後しばらくの間は、当時の皇后の誕生日の3月6日を母の日としていました。

さらに1937年(昭和12年)には、森永製菓が“森永母を讃える会”を作り、母の日の告知を行いました。
この告知によって、母の日の知名度は一挙に上がり、母の日の全国的な広まりに大きな役割を果たしました。

戦後の1949年頃、アメリカの影響が強くなってくると、母の日もそれまでの皇后誕生日から5月の第2日曜日に変わりました。
母の日は、5月の第2日曜日。このスタイルが、現代では定着し、母の日となっています。

| 母の日、日本における由来 | 母の日の概要 | | TB (0)

Google
  • seo
  • SEO対策  
  • _  
  • _  
track feed